健康、医療技術のさらなる進歩

医学はまだまだ解明されていないことが多い

世の中にはまだまだ解明されていないことがたくさんありますが、それは人の健康、医療技術のさらなる進歩、
新しい薬など、医療業界においても同じことが言えます。
人の体は精密機械のように良くできていると言われ、その健康を維持するのは至難の技です。

 

そして、その精密さが医療を難しくしていますし、薬が効くのかどうかということもすぐにはわからないようになっています。
そう書くととても悲観的なことのように思えてしまうかもしれませんが、言い換えれば健康や医療や薬には、
まだまだもっとよくなる伸びしろがあるということです。デパスジェネリック通販

 

今の時代は相当医学が研究されており、昔は治らなかった病気でも今は治る病気がたくさんあります。
医学が研究されればされるほど不治の病は姿を消していくわけですから、それは人間にとってありがたいことです。

 

しかし、そうして不治の病がなくなっていったとしても、それをゼロにするということはなかなかできません。
いくら医学の研究が盛んだとはいえ、やはり不治の病をなくすということはそれこそ人類の夢と言っても良いことです。

 

そして、それは薬においても同じことで、昔に比べればだいぶ良い薬が世の中に広まってきていますが、
その歩みは一歩ずつ進められてきたものであり、まだまだ病気を治す薬が開発されていないケースもたくさんあります。

 

ですから、これまでにたくさんの健康に関する論文が発表され、そのたびに医療技術が進歩していき、
新しい薬が開発されてきましたが、それでもまだまだ健康の分野に関しては発展途上にあるということです。レビトラジェネリック

 

そうして終わりが見えない分野だからこそ多くの研究者が時間とお金を費やして日夜研究に励んでいます。

 

そして、これから時間が経てば経つほど不治の病は減っていく可能性が高いですから、
その点において人間はもっと未来に希望を持って良いと私は思います。
ですので、これからもそんな医学が進歩する過程ををゆっくりと見守っていきたいです。

特に何処も悪くないと思いつつも「一度くらいは受けておこう」と思って受診した人間ドックで、思いがけない結果が出てしまいました。
肝臓の数値GOTやGPTに異常値が出てしまったのです。

 

これまでの人生で血液検査で引っかかったことなど一度もなかったのに「これは一体どうしたことだろう?」と、大変なショックを受けました。
特に太っているわけでもなく、お酒は全く飲みません。保健師さんも「太っていれば減量で数値が戻ることはあるのですが・・・」と、困惑気味でした。

 

専門家にも原因が分からないということは、大変な病気が隠れているのではないか?
と、よくない想像をあれこれしてしまい、パニックに陥りました。シアリス体験談

 

そんな私を見かねた保健師さんは、「でもそれ程、悪い数字ではありません。
正常範囲を少し超えているだけですから・・・」と言ってくれました。

 

後日、肝臓の専門医がいる内科で受診をしました。先日の検査結果を持参して、説明を受けようと思ったのです。
人間ドックで撮影した肝臓の画像も持参しました。でもやはり脂肪肝というわけでもなく、
特に大きな問題が見られないという見解でした。

 

私は「大きな問題が見られないのではなく、大きな問題が何処かに隠れていそうだが、
その原因がまだ分からないということなのではないでしょうか?」と、先生に尋ねました。先生もとても困った様子でした。

 

とりあえず、その時は、「今は経過観察で、あと3か月してから、もう一度、同じ検査をしてみましょう」と言われました。
3か月も放置してよいのか不安になりましたが、ここでも「数値としてはさほど悪いというほどではないので経過観察で大丈夫」と言われました。

 

そして3か月後に再検査をしたところ、結果は全て正常値でした。これはいったいどういうことだろう?
と自分のこれまでの行動を振り返ったとき、一つだけやっと気づいたことがありました。シアリスジェネリック

 

それは、蕁麻疹で処方された薬の量を間違って規定の3倍量飲んでしまっていたことでした。
人間ドックの前に薬はやめていたので、その影響が残っているとは気づかなかったのです。

 

薬は飲み方を間違えると、こういう結果を招く場合もあるようです。気をつけなくてはと思いました。

医師や看護師から患者として医療行為や薬の処方をされるとき、そこに「心遣い」や「人間らしさ」を感じると、
途端に心がホッとしてとても気分が健康になります。医師や看護師など医療で働いている人からすれば、
患者は仕事で対応する人であり、恋人や友人など決して親しい間柄ではありません。

 

冷たい言い方をすれば、仕事だから接しているだけの人間であることに間違いはないのです。
ですから、どうしても接するときの口調や態度はビジネスライクになってしまい、
それが患者からすればかなり冷たい態度だと思ってしまうケースもあります。

 

そして、患者はそれぞれの医療機関や薬を扱う薬局ででそうしたことを多々経験していますから、
もう「それが普通なのだ」という考えになっており、医療で働いている人に対して心遣いや人間らしさは求めなくなります。

 

しかし、医療で働いている人の中には、患者に対して心遣いや人間らしさを表現してくる人がいます。
そういう人は本当に医療に従事していることを幸せに感じている人ですから、自然とそうした心遣いや人間らしさを表現できるのです。

 

心遣いや人間らしさを表現しない人が医療で働く人としてダメだというわけではありません。
そんな心遣いや人間らしさを表現するくらいならば、少しでも治療に専念したほうがプロフェッショナルな治療ができると考えている人もいると思います。

 

ただ、それがわかった上で、やはり患者はどうしても心遣いや人間らしさを医療で働いている人に期待してしまいます。
ですから、その期待に応えて医療で働いている人が心遣いや人間らしさを表現してくれると、とても嬉しくなってしまうのです。

 

どんなに医療の技術が進歩したとしても、根っこの部分には人が人を治すというものがあり、
それを考えれば医療で働いている人の心遣いや人間らしさはかなり重要な部分です。
ですので、医療で働いている人は少しでも良いので心遣いや人間らしさを表現して患者に接して欲しいです。

精神科の領域で行われる心理療法のことですが、精神病患者に適した認知の誤りから起こる疾患に対して、
心理的に働きかける療法のことを指します。薬物を使わず心理的な療法によって治療を行うというものです。

 

ジークムントフロイトの夢判断を含むものが古典的なものですが、フロイトは心理分析が主なものになっており、
治療も行っていましたが、あまり役立たないという印象があります。納得できない解釈もあり、私としては受け入れがたい心理分析となっています。

 

日本では森田療法などがありましたが、それも今では古典的な療法とされ、
現在では認知療法または認知行動療法が全国各地で心理療法として行われています。バイアグラジェネリック

 

認知療法はアーロンベックが始めたもので、認知の誤りを自覚して、ある程度の妥協をすることによって、
考え方を変えて楽になるというシンプルにも思える心理的な治療法のことを指します。

 

「白黒をはっきりつけたいという考え方」や
「100%の成功でなければ意味がないという考え方」は二極化思考に分類されます。

 

「しなければならない」という自分の考え方を基準として、それが当然のように思い込む。
「これは自分のせいだ」という責任転嫁の逆の考え。

 

「自分はいつも失敗する」という過度の一般化。
「根拠のないことを自分に当てはめて思い込む」という被害妄想的な考え方もあれば、
自分を過小評価したり、「やはり自分はダメな人間だ」と思い込みが激しかったり、
「やはり思った通りだった」とか、「もうだめだ」という先読みの誤りなどもあります。

 

「いつも・すべて・ぜったいに」というこの3つの言葉のどれかが含まれていたら、その考え方は間違っているということになります。

 

そういった認知の誤りを自分自身で気づいて納得しながら正していくという心理療法が現在では主流になっています。
そして、その認知の誤りによって引き起こされていた病気も楽になって、自分でも気づかないようになったり、自然に治っていたりということがあるのです。

先天性耳ろう孔(せんてんせいじろうこう)という言葉を聞いたことがありますか?
耳介や耳の周りなどに小さな穴=孔が開いている先天性の耳の疾患のことです。

 

妊婦向けの雑誌や赤ちゃん雑誌などで、子どもの病気などの特集コーナーに取り上げられていることもあるので、
お母さんたちの中には、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
耳ろう孔は生まれつきのもので、数十人から百人に1人くらいの割合で発症するそうです。

 

私も妊娠中に雑誌で初めて知ったのですが、発症の確率が、けっこう高いんですよね。
数十人に1人いたと考えると、病気の名前を聞いたことが無くても、
子どもの頃にも、クラスに一人くらいは、この病気を持つ友達がいたのかもしれません。バイアグラ通販

 

耳介は、お母さんのおなかの中にいる胎児の頃に作られるのですが、何かのきっかけで、うまく形成されずに、小さな穴が残ってしまうことがあるそうです。
その穴は、外からの表面上の見た目は針で突いたように小さくても、皮膚の中にトンネル状に管が続いていたりします。

 

一言に、耳ろう孔といっても、穴の深さはさまざまで、穴のようにくぼんでいるだけの人もいれば、奥深くまでトンネルの管が続いている人もいます。
症状も、くぼみがあるだけで見た目以外の症状が全くない人もいれば、垢や分泌物などがたまって臭い汁のようなものがでてくる人もいるのです。

 

繰り返し炎症を起こして、腫れたり膿がたまったりする人もいて、炎症がひどくなると、痛みも強くなるため、
感染しないように耳ろう孔のまわりを清潔に保つように注意しなければいけません。

 

くぼみがあるだけで、炎症を起こしたことが一度もなければ、放っておいてもいいのですが、
炎症を起こしてしまうと、抗生物質などの内服薬を飲んだり、切開して膿を出すなどの外科的な治療が必要になる場合もあります。

 

一度でも炎症を起こすようであれば、感染を繰り返してしまう可能性もあるため、手術をしたほうが良いそうです。
手術は、耳ろう孔や皮膚の中のトンネル状の管を取り除いて、縫い合わせます。大人になれば、局所麻酔で日帰りも可能な手術なのだそうです。

 

小さな子どもの場合は、じっと大人しくしていることが難しいため、全身麻酔で行うこともあるということです。

おすすめサイトご紹介